サイト売却後のサポートが売主にプラスになる理由とは

サイト売却後のサポートを未経験者の私が語るイメージ画像

サイト売買は、3ヶ月〜6ヶ月間の無料サポートをつけると売れやすいですが、後で面倒なことになるのを心配する人もいます。

以前の私も売却後のサポートは苦手意識が強く、気が進みませんでした。

有料でお願いされたとしても嫌だった理由は次の3つです。

  • WEBコンサルティングの経験がなく、サポートに自信がない
  • クレーマーなどに当たると面倒なことになる
  • 売却で手離れしたいのに、自分の時間が取られるのは本末転倒

しかし、サポートを経験すると考えが変わりました。

現在、サイト売却後のサポートを継続中ですが、決して怖くて面倒なものではありません。

相手に教えることは、得るものの方が圧倒的に多く自分にとってもプラスとなります

ここでは、サポートが苦手な人に向けて、具体的な内容と挑戦した方が良い理由私の体験談からお伝えします。

個人のサイト売買でおすすめの仲介会社は?10社を簡単に比較!

サイト売却につける無料サポートの内容

サイト売却では、どのようなサポートをすれば良いか?不安に感じる人もいると思います。

私は今まで3回のサイト売却を経験。
そのうち2回は、サイト売却後に無料のサポートをつけました。

1回目は1週間ほどの簡易サポート、2回目は6ヶ月の長めのサポートです。

無料サポートを断ってきた買主さんの場合は、サイト売買の経験が豊富でサポートだけでなく、運営マニュアルも不要でした。

このような場合は、代わりに売上UPのための施策や専門ジャンルの運営のコツの資料を譲渡すると喜ばれます。

無料サポートの平均的な期間は?

無料サポートの期間はどれぐらいでしょうか?

サイト売買では、3ヶ月ほどの無料サポートをつけるのが一般的です。
1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と区切られることが多いようです。

ここで気になるのは、3ヶ月以上のサポートは、負担が重くならないか?ですよね。
他の売却経験者の話では、数ヶ月間、全ての期間でサポートに手を取られることはないそうです。

実際に私もサポートを経験してみて、サポートが最も忙しいのは、質問が多い最初の1ヶ月だけで、その後は、それほど負担にならないです。

以下、私が経験した2つのサポート(1週間と6ヶ月)の体験談を紹介します。

1週間のサポートの場合

譲渡したサイトは専門性が必要でないジャンルだったこと、WordPress操作ができる担当者なので、サポートは楽でした。

1週間のサポートをした売却では、最初はサポートは無しの契約を交わしていました。
後で買主さんから不安なので教えて欲しいと頼まれて、1週間のサポートをサービスで行いました。

運営マニュアルを渡す時に、内容確認と補足説明を1時間ほど行い、その後、1週間ほどチャットでサポートしました。

読めば再現できるまでマニュアルを詳しく作成して、サイト更新を行うスタッフの疑問点に答える形でサポートがスタート。

サポート期間中に出た主な質問は、記事の添削と検索上位になるキーワードの狙い方でした。

タイトルの付け方や上位表示させるコツなどはマニュアルで明記しましたが、それだけでは不十分でした。

1週間ほどで質問はなくなりましたが、その後、運営方針の相談は時々ありました。

サポート無しの契約よりも、一定期間は質問に答えるサポート付きのほうが、初心者だけでなくサイト運営の経験者にも需要はありそうです。

6ヶ月のサポートの場合

6ヶ月サポートが続いている買主さんの場合は、1年ほどのアメブロの経験があっても、WordPressのサイト運営はほぼ初心者でした。

購入前にサイト運営の不安を強く抱えておられたので、無料のサポート期間をつけることで契約が成立。

サポートは、簡単な記事更新の方法やWordPressの使い方から開始。

運営マニュアルもサイト移管と一緒に譲渡しましたが、マニュアルを読んでいただくよりも、直接、画面越しに教えるほうがスムーズでした

無料サポート期間は、当初は1ヶ月間だけの予定でした。

しかし、買主さんが仲介会社へ代金を支払ったその日に、引き渡し予定のサイトがアドセンス狩りに合うトラブルが発生。

Googleの解除があるまで引渡しができなくなったので、サポート期間を前倒しで延長することに決めました。

アドセンス狩りのGoogleの規制が解除され、サイトの引渡終了後から正式にサポートを開始。

無料のサポート期間終了後、現在は有料でサポートを継続しています。

基本的な操作や記事作成の方法を伝えたあとは、売上を上げるための施策を実行してもらう内容に変わりました。

運営経験が浅い買主さんの場合は特に、心の支え(励まし)が重要になるかもしれません。

サイト運営で稼いだ成功体験がないと、本当に記事更新だけで売上が上がるのか?疑問に感じて途中で挫折しやすくなります。

正しい努力を地道に一定期間続けてもらうために、2週間に1回進捗の確認と不安点を解消する面談を継続中。

この買主さんの場合は、技術的なことよりも強制的に記事投稿を続ける環境を作るためにサポートが続いています。

一般的な無料サポートに含まれない内容

無料サポートの範囲はどこまでか?疑問をもちますよね。

コンサルティング業を本業としていない売手のサポートは、基本的に自分の能力でできる範囲に限定して問題ありません。

専門知識が必要なサイトの技術的なサポートや記事作成までの行為は含まれません。

以下が無料のサポート範囲です。

無料サポートの範囲

  • サイト運営のアドバイス
  • 投稿記事の添削やキーワード選定のアドバイス
  • 記事投稿の方法などWordpressの基本的な操作方法
  • 譲渡したマニュアルの質問に答える

トラブル防止のために、無料サポートの範囲や期間は売買契約書で定めておく必要があります。

個人サイト売買の失敗例12選と知っておくべき注意点とは?

サイト売却後のサポートがプラスになる理由

サイト売却後のサポートを経験すると、以下のメリットがあります。

サポートのプラス面

  • 人に教えるために学び直すので知識が向上
  • 人の記事の添削をすると、自分の書く記事の修正点がわかる
  • 収益を発生させるための方法を真剣に考えるので、ビジネスセンスが身につく
  • 違う業種や職種の仕事の話が聞けるので視野が広がる
  • 良好なサポートができれば、人脈が広がり違う仕事のチャンスがくる
  • 相手のニーズがわかるので、特にネットビジネスのサービス改善に役立つ
  • 違うサービスを提供してフィードバックをもらうことができる
  • サイト運営の初心に戻れる

サポートを経験してマイナス面はなかったのか?と聞かれることもありますが、幸い買主さん達の人柄が良いこともあり、今までデメリットは特に感じていません。

無料サポートは面倒なので、サイト売却後は手離れが良いほうが得だと思っていませんか?
サポートはやると非常に勉強になるので、結果的に得します。

お金をいただく(無料サポートでも売却費に含まれる)立場なので、成果を出す必要があります。
このプレッシャーが真剣に教える原動力になり、非常に勉強になるのではないでしょうか。

操作方法や技術面のサポートは、間違ったことは教えられないので、自分で調べ直したり、詳しい人に聞きます。

私はブログ講座EBAを受講中で、体系的な教材を提供されていたにも関わらず、サポートを始めるまでは、丁寧に学習することがありませんでした。

EBAは、マンツーマンで分からない事は、すぐに質問できてサポートしてもらえるので、サイト運営は教材を学習しなくてもできたからです。

サポートの参考にしようと、最初から真面目に教材を視聴すると、自分が基礎的なことを理解していなかった事に愕然としました。

買主さんの質問に答えながら、ブログを基礎から教材を通じて学ぶ機会になったので、知識向上に役立ちました。

また、人の記事を添削することも、自分の記事を客観的に見直す力がつくので役立ちます。
特に他人の記事は、話の流れの矛盾点がよくわかり、記事構成を考える力が身につくのでおすすめ。

自分の記事の修正点も直感的に見つけられるなど、記事のライティング能力は向上しました。

サポートすると売却後の売上の様子もわかるので、嫌でも譲渡後の収益に向き合う必要があります。
サイト売却は譲渡後に売上さえ上がれば全てハッピーですが、低空飛行だと最悪。

特に現在もサポート中のサイトは、譲渡前から売上げが伸び悩んでいたので、サポートでテコ入れが必要でした。

譲渡後は、記事のキーワード選びのアドバイスなど、売上を上げるための施策を真剣に助言しています。

自分のサイトならば売上不振でも問題ないですが、譲渡後の売上が数ヶ月たっても上がらないと、居心地が悪いです。

買主さんは優しい人なので気にしなくて良い、自分責任というスタンスで接して下さりますが、何とかしないといけません。

仕事になると収益化にも真剣になれるので、売却後のサポートはビジネスの能力を上げるにも最適な手段ではないでしょうか。

面談で雑談をすれば、買主さんからは、いつも事業のヒントをもらっています。

社会人であれば何らかの実務経験をお持ちなので、違う業種の仕事の話を聞けるのは面白く勉強になりました。
サイト売買で人脈が広がるという話を聞いたことがありましたが、サポートで良い関係が築ければ、別の仕事の出会いにつながるかもしれません。

さらに私の場合は、文資産の別のサービスも実験的に試してもらっているので、そのフィードバックも貴重です。

サポートを通じて、相手に必要なものがわかると、当初に検討していたサービスから内容が変わりました。
今まで気がつかなかったニーズも拾えるので視野が広がり、事業のヒントが得られています。

私にとってサポートをやる1番のメリットは、サイト運営に前向きな気持ちになれることでしょうか。

励ます私のほうが、逆にゼロからサイトを育てる初心の頃のように、やる気にさせてもらっています

自ら記事を書いてサイト運営をする買主さんの苦労は、実は自分の悩みと同じなので共感できます。

ブログの悩み

  • 毎日の記事更新が面倒で続けるのがしんどい
  • 忙しくて記事を書く時間が十分、確保できない
  • 記事の添削で大量の修正が入ると、自分のレベルの低さに落ち込む
  • 本当に作業を続けていて売上が上がるのか?不安になる

ビジネスの世界は、努力と比例して絶対に儲かるとは約束されていません。

一度でも成功体験が出来れば、過去の自分ほどは悩まなくなります。
悩むのは時間のムダ、悩む暇があれば作業する方が早く成果が出せると経験しているからです。

不安でも努力を続けない限りは、絶対に収益は上がりません。
一度やろうと決意したことは、成果が出るまで我慢強く続けるしか、他に成功する道はないです。

人によって違うかもしれませんが、成果を出している人でも不安や悩みが無くなることはないのではないでしょうか?

ネットの世界は特に移り変わりが激しく、油断していると、あっという間に稼げなくなるのは誰でも同じです。

買主さんが頑張っている姿を見るのは、自分も初心に戻れるし刺激になりました。
人を励ますことは、自分自身を励ますことになり前向きに頑張れます。

まとめ:売却後のサポートに挑戦して良かった

期間が数ヶ月に及ぶサポートをするのは、以前の私は想像もしませんでした。

売却前は、ここまで金銭面以外の違う思い入れがコンサルサポートで生まれるとは、予想もしませんでした。
私がブログ運営の初期に書いた記事もある苦楽を共にしたサイトを次に活かしていただけることに感謝しています。

本業の残業も多く忙しいなか、買主さんは、現在コツコツと作業を続けています。

お互いに1週間のタスクを設定して「達成できない場合は罰金を相手に支払う」などの強引な取り決めをしたこともありました。

記事をもっと書けとか、うるさい指導ですが、嫌がらずに付き合ってくれています。

譲渡したサイトは売買相場では安い超小粒でも、買主さんの立場では手数料を含めて35万円以上の出費になります。

早く収益を上げて売却費用を回収できるように、成果を出してもらいたいです。

売却を考えている人は、怖がらずにサポートに挑戦してみてください。

私の場合は、買主さん達に恵まれたのでラッキーな事例かもしれませんが、挑戦して良かったと心から感じています。

この記事が、サイト売却でサポートを迷う人の新しい発見や出会いにつながれば嬉しいです。

 サイト売買のメリットとデメリットを経験者がリアルに紹介

この記事を書いた人